立川の素敵な美容院、cocoro(こころ)さんサイト完成!

いつもお世話になっている

立川の美容院cocoro(こころ)さんの

サイト制作を担当させていただきました。

 

 

立川の美容院cocoro 店舗サイト

立川cocoro(こころ)コーポレートサイト

立川の美容院cocoro 美容師求人ページ

美容院cocoro(こころ)公式ブログ

 

カンボジアでのWEB制作。

 

いつもの通リ、ハプニングもたくさんありましたが、

とても楽しい制作でした。

そして、カンボジア人スタッフsongも、

私達も、とても勉強になった時間でした。

 

cocoroさん、

貴重な機会をいただき、ありがとうございました!

 

 

立川の美容院ならcocoro(こころ)さん!

和ごころのおもてなしで、心も髪もキレイになるサロンです。

私も、自分のごほうびとして、

炭酸ヘッドスパを受けに行きたいと思います(笑)

 

■ 立川の美容院cocoro 店舗サイト

■ 立川cocoro(こころ)コーポレートサイト

■ 立川の美容院cocoro 美容師求人ページ

■ 美容院cocoro(こころ)公式ブログ

 

 

 

カテゴリー: カンボジアの仕事, カンボジア生活 | コメントは受け付けていません。

いつかやろう…と思っていたことで、実現したことはどれくらい?

(自戒の念をこめたブログ。。。)

 

 

いつか、ちゃんと勉強しよう……

 

いつか、家族旅行に行きたいなぁ……

 

いつか、

時間ができたときに

片付けよう……

 

 

 

この、「いつか」 という枕詞がついたことは、

基本的に実現しません。

 

いつか……

いつか………

 

と、言い続けて放置してきた掃除を

ようやく重い腰を上げて行いました。笑

 

 (;´д`)

 

 

でも、掃除をしながら

本当にやりたいことは、

「今」やらないと!

「今」しかないんだよなぁ~

という気持ちにもなりました。

 

 

 

 

やりたいと思っていても、

行動しなければ何も変わらない。

 

その行動は、半年後できるかどうかもわからない。

できるうちに、やりたいことはやっておかねば。

 

そして、やりたいと思って、

一歩を踏み出してみると、

次の扉がドンドン開いていくもので、

結局、そのドアを自分の力で

開け続けるしかないんだよなーと。

 

 

部屋から出てきた懐かしの

メモ帳や印刷物などを見ながら

この2年間のカンボジア生活を

しみじみ振り返りました。

 

 

 

 

 

カンボジアの農村

今、あたりまえに見ているカンボジアの景色も

これから、どんどん変わっていくのかなぁ……。

 

 

そう思うと、今、目の前のことを一生懸命やる

大切さが身に染みてきました。

 

 

 

今は、絶賛、KAERUスクール受入準備中。

 

 

夏休みを利用してカンボジアに来てくださる

KAERUスクール生に、

もっともっと、人生が変わるようなキッカケが届けられるよう

みんなと一緒に作り上げていきます。

 

海外ボランティア|カンボジアKAERUスクール




関係各所にごあいさつ。

牛車

(モォーーーゥ)

 

 chicken farm

 

( キリッ )

 

SMILEJP Farm

( ん?! )

 

 

 

 

SMILEJP Farm @ Puok村

SMILEJP Farm

SMILEJP Farm

( 雨季で、草・花が急成長!汗。今は ジャングルになりかけである…… )

 

 

 

 

水上生活のお宅訪問 @ トンレサップ湖

石原兄弟のようなカンボジア人

トンレサップ湖 水上生活

(おうちはどこに流されているのだろうか……)

ロンのお姉さん邸

 

 

 

買出し中@現地市場

カンボジア人の暮らし

( いつも、余計なものまで買って、別企画が生まれたりします。汗)

 

 

 

せっかく来ていただく、カンボジア。

アンコールワット

 

アンコールワットだけではない魅力を伝えられるように

今日も、みんなと一緒にがんばります!

 

 
カンボジアKAERUスクール4期生、まもなく締切り★

海外ボランティア|カンボジアKAERUスクール

 

 

 

 

■ 日々のネタはFacebookで(フィード購読募集中)

>> 山田史織のFacebook

 

■ ハプニング速報はTwitterで(フォロー大歓迎)

>> 山田史織のTwitter

 

山田史織 カンボジア起業日記 人気記事ランキング

カテゴリー: KAERUスクール, カンボジアの仕事, カンボジア生活, 人生が変わるキッカケ | コメントは受け付けていません。

「いただきます」「ごちそうさま」を体感する1週間 in カンボジア

毎日、自分が食べているもの。

どこで育って、どうやってやってきて、

私たちが口にできているのか?

なかなか、普段考える機会もありません。

日本語には、食事をするときに使う

素敵なあいさつがあります。

 

 

 

いただきます。

 

ごちそうさま。

 

 

 

■ いただきます

動植物の命をいただきます、という

自然への敬意、感謝の気持ちが

このあいさつの語源といわれています。

 

生き物はひとりでは生きることができません。

必ず、何かの犠牲の上に生きることができています。(=生かされています)

そんな命のつながりに感謝の気持ちがこめられた

挨拶、「いただきます」。

素敵な日本語ですね。

 

 

■ ごちそうさま

もともとは、「馳走になりました」という意味。

馳走とは「走る」ということ。昔は、お客様をおもてなしするため、

汗水流して走りまわり、狩猟採集して食事を用意しました。

この働きに感謝の気持ちをこめて、

「ごちそうさま」と、挨拶をするようになったそうです。

 

 

人とのつながり、自然とのつながりを大切に

想う日本人の心が、この挨拶に詰まっているな、と

感じています。

 

 

 

 

便利な生活に、このようなことは考える機会が

カンボジアより少ないのが日本かもしれません。

 

カンボジアでは、食事をするまでに、

汗水を流す機会も多く、

いろいろと考えさせられます。

 

 

ちなみに、豚の出荷も手作業で、

これまた、めちゃくちゃハードな力仕事。

日本の昔もそうだったのかなぁ……と、

ちょっと、想いを馳せてしまいました。

 

 

それでは、今週の1枚!

カンボジアでの食育体験

 

 

今夜も、美味しいごはんを!^^

 

 

 

日本のあたりまえを見つめなおす!

カンボジアKAERUスクール4期生、まもなく締切り★

海外ボランティア|カンボジアKAERUスクール

 

カテゴリー: KAERUスクール, カンボジアの仕事, デザイン・映像・写真, 畜産(養豚) | コメントは受け付けていません。

【海外就職 Q and A】海外で働くべきか、日本で就職すべきか?

カンボジア

 

 

都内の大学に通う、大学4年生の女の子からこんな質問をいただきました。

海外の発展途上国で働きたいと思いつつ、

周りにまずは3年社会人として経験を積むべきだと言われます。

頭ではわかっているのですが、いざ内定をいただいても

「ここで本当にいいものか」と、悩んでいます。

 

いきなり海外就職は、

やはり辞めた方がいいのでしょうか? 

 

日本で就職をしてからの方が、いいのでしょうか?

 

 

 

Nさん、メールをいただき、

ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

「カンボジアで働きたい」という大学生

最近、よく出会います。

そして、女の子の方が多い気もしています。

 

 

さて、

海外就職すべきか?

まずは、日本で就職すべきか?

 

という問いは、

これからの働き方を考えると、

多くの方が悩むポイントかもしれません。

 

 

もちろん、これには正解がないので、

自分の心と向き合って決めることが大切。

結局、自分が後悔しない選択が、正解だと思います。

 

 

絶対、「海外で働く!」と、心に迷いがなければ、

海外で働ける道を探すと思いますし、

そこまでの決意はないものの、「でも、海外就職にも興味がある……」

という状況なのかな?

と、メールから想像しました。

 

 

仮に、上記のような状況だと仮定して、

私が同じ立場だったらどうするか?

を書いていきたいと思います。

 

 

***************************************

日本で就職をする

 

私は、日本で会社員を5年間経験しました。

1社目は、1年と2ヶ月。

2社目は、4年間働かせていただきました。

 

この会社員の経験は、

カンボジアに来てからもとても役に立っています。

 

というか、

会社員の経験がなかったら、

カンボジアで働くことは難しかったと思います。

 

なので、私だったら日本で働くことを選びます。

 

カンボジアで働く前に、

日本で会社員として働いてよかったな、と思うことは

下記のとおりです。

 

 

【 日本で会社員を経験してよかったこと 】

 

1) 日本人としてのあたり前(仕事の進め方)を習得

2) カッコいい上司や、経営者さんとのご縁

3) 精神的にも、肉体的にも鍛えられた(笑)

 

 

■ 日本人としてのあたり前を習得

海外で働いているとは言え、

日本人とは全く接することなく

仕事をする人は少ないと思います。

 

お客様が日本人、関係業者さまが日系企業など、

日本人と接する場合、

やはり、日本人の当たり前が求められます。

 

・ 仕事の進め方

・ 時間を守ること

・ 相手を思いやること

・ 空気を読むこと(笑)

 

一般的には、ビジネスマナーと呼ばれるかもしれませんが、

名刺交換や言葉遣いだけではなく、

日本には、暗黙のルールがたくさんあります。

会社という組織で動くときには、さらに、

そのルールが複雑だったりします。

 

私も多くを語れるほど、経験をつめていませんが、

会社という組織がどのように動いていて、

決済するときには、どんな情報が必要なのか?など、

会社員として働いているときに

学べたことは、今も自分の財産です。

 

 

特に、こういう組織としての動きは、

日本特有なので、海外では

なかなか感じる機会が少ないのと、

外国人でいくら日本語が話せる人でも

この感覚まで理解することは難しいと思います。

 

 

 

カッコいい上司や、経営者さんとのご縁

 

これは日本に限らずですが、

一社目で教えてもらった仕事のいろはは、

きっと、一生残ると言っても過言でないと思います。

 

カッコイ上司、反面教師にしたい上司、

いろんな上司と出会うと思いますが、

新人の頃は、学ぶしかできない自分。

 

仕事をやるには、上司の力が必要で、

良くも悪くも、いろんな影響を与えてくれる

存在は、そんなに多くないのではないでしょうか?

 

また、私の場合は、人材系の会社にいたこともあり、

経営者さんとお話をさせていただくことが、たくさんありました。

熱い志やビジョンを聞きながら、

カッコイイなぁ・・・と思ったことは、数えきれません。

 

そして、そんなご縁がカンボジアに来てからも

続いていたりするので、人生って不思議だな、とも

感じています。

 

 

■ 精神的にも、肉体的にも鍛えられた(笑)

日本の会社員時代は、ずっとベンチャー企業で

働いていたので、そのときに、精神的にも、

肉体的にも(笑)鍛えてもらったなーと思います。

 

たぶん、あの頃、がむしゃらにやれる経験がなかったら、

今の私はないと思います。

もちろん、無理をしすぎて、体を壊してしまっては

本末転倒ですが、

無理ができるうちも限られています。

そんな短い時に、思いっきりやらないでいつやるんだろう?

と、私は思います。

 

なので、思いっきり挑戦させてもらった

前職時代の環境は、本当にありがたかったと

今も頭があがりません。

 

 

 

なんだか、私の会社員の話ばかり書いてしまいましたが、

もう一つ言えることは、

 

海外就職って、

やっぱり大変。

 

と、思います。

日本の言葉が通じて、同じ文化で理解しやすい

日本社会でさえ、新入社員の時代はつらいものです。

 

その時期に、家族もいない、

友達も圧倒的に少ない、

遊べる場所は皆無(場所に寄りますが)

停電や断水があって、変な虫もたくさんいる

(これも、場所に寄りますが。。。。)

 

という環境は、新入社員には厳しいと思います。

 

 

自由で、小回りがきいて、

思いっきり挑戦できる場は、

やっぱり海外就職の醍醐味だと思います。

 

 

なので、この大変さや、

海外では得にくいことなど、

しっかりデメリットも見つめてみて、

それでも、

 

挑戦したい!

 

という気持ちが強ければ、

飛び込んでみるのがいいと思います。

 

どんな経験も、必ず、今後の人生に繋がるものなので。

結局、自分がやりたい、という気持ちに正直に

やりたいことを思いっきり挑戦する生き方の方が

楽しいのかな、と感じています。

 

 

なんだから、まとまりなく

ツラツラすみません。。。。

 

Nさん、がんばってくださいね!

カンボジアから応援しています★

 

海外ボランティア|カンボジアKAERUスクール

 

カテゴリー: 働き方 | コメントは受け付けていません。

海外で、人の視野が広くなるのは本当か?

海外に行くと、

世界観が変わるとか

人生観が変わるとか

視野が広がるとか

 

一般的に、よく言われます。

 

私も日本にいたときは、

海外への憧れから、

「海外で生活すると、どんな思考が身につくんだろう」

勝手な、妄想を膨らませていた気がします。

 

 

まだ、たった2年しかカンボジアにいないので、

私が語れることは、あまりないのですが、

自分のなかで感じていることは、

日本もカンボジアも、きっと変わらないということ。

 

 

ただ、違うのは

経験できる量

 

 

特に、カンボジアのような東南アジアでは、

日本ほど、インフラや全てのサービスにおいて、

整っていないことばかりです。

 

 

■ 納期を守ってもらえないのがあたりまえ

■ オーダーとは違う商品が出てくるのがあたりまえ

■ よくわからない理由で拒否されるのもあたりまえ

 

などなどなど、

 

日本ではありえないことがたくさん起きます。

それでも、自分で

なんとかしなければならないのが海外生活。

 

 

日本では、きっと、そんな理不尽なことが起きることもなければ、

トラブルがあっても頼れるサポートサービスがあったりして、

自分でなんとかしなくても済む環境が

整っている気がします。

 

 

結局、自分の手と足を動かして、

たくさん頭を使って考えたことして、

自分の器(経験値)を大きくできる方法はありません。

 

そのチャンスが、海外にはたくさんあるのかもしません。

でも、本質は、きっと日本も同じ。

どの環境であっても、すべての物事から

 

何を学べるか?

どんな気づきを得るか?

 

ということは、結局自分次第。

どこにいても、心のアンテナを貼って

もっともっと、成長していきたいと思います。

 

 

 

それでは、カンボア勝手に観光推進委員会

今週の一枚はこちら!

 

日本とカンボジアの違いは?

 

 

カンボジアも本格的な雨季が始まりました。

恵みの雨に、緑豊かな田園地帯。

空気も済んで、朝日や夕陽がとってもキレイです!

 

 

【 関連記事 】

勝手にカンボジア観光推進委員会

第1作品目:ラピュタのモデル遺跡から

第2作品目: もっと、しりたいカンボジア

第3作品目;がんばれ!SAMURAI BLUE

 

 

■ 経験値をつむ体験は、カンボジアで!

海外ボランティア|カンボジアKAERUスクール

 

 

 

 

 

カテゴリー: カンボジア生活, デザイン・映像・写真, 隠れた魅力 | コメントは受け付けていません。

カンボジアの影のヒーローを知ってますか?

世間は、ワールドカップで盛り上がり、

各試合でヒーローが毎回誕生していますが、

 

 

カンボジアにも

隠れた英雄(ヒーロー)

が、たくさんいます。

 

 

今回ご紹介するヒーローは、

地雷撤去活動

をされているみなさん。

 

先日、地雷撤去活動の

取材をさせていただきました。

 

>> 地雷撤去活動の取材の様子

 

 

 

 

過酷な撤去活動の環境でも、

笑顔で、私達にもお心遣いをいただきながら、

もくもくと、果てしない地雷撤去の

作業を進める姿に、胸が打たれました。

 

 

 

人間、

どんな環境でも、

自分次第。

 

 

どんなことも前向きにとらえて、

楽しめたら、その人にとっては天職になります。

 

同じ仕事でも、愚痴や不満をいい、

嫌なところばかり見ていたら、

その仕事はもちろん、

人生がつまらない時間になってしまうでしょう。

 

 

すべては、自分の考え方次第。

地雷原で働くカンボジア人のみなさんから、

また、大切なことを教えていただきました。

ありがとうございます。

 

 

過酷な戦いを強いられている地雷原から、

残念ながら、黒星スタートとなった日本代表に向けて、

激励の1枚。

 

 

がんばれ日本!

 

 

カンボジアでも、日本代表を

勝手に応援しております。

 

 

 

【 関連記事 】

第1作品目:ラピュタのモデル遺跡から

第2作品目: もっと、しりたいカンボジア

 

 

 

■ 負けられない夏休みは、カンボジアへ

>> 海外ボランティア|カンボジアKAERUスクール

 

カテゴリー: カンボジアの仕事, カンボジア生活, デザイン・映像・写真, 隠れた魅力 | コメントは受け付けていません。

カンボジア地雷撤去活動のリアルな現場

先日、カンボジアの地雷撤去活動に

同行させていただきました。

 

通常、一般人がこのような場所に行くことは

できないのですが、今回は特別にご一緒させていただき、

いろいろとお話を伺うことができました。

 

地雷撤去活動

 

 

カンボジアに住んで約2年。

まだまだ、知らないカンボジアの現状を

学ぶことができました。

 

備忘録を兼ねて、カンボジアの地雷の現状を

まとめてみました。

 

********************************

■ 地雷って何で埋められたの?

■ カンボジアに埋まっている地雷の数

■ 地雷撤去活動の現状

********************************

 

地雷って何で埋められたの?

 

カンボジアの地雷の多くは、

ポル・ポト政権下の内戦時に埋められました。

特に地雷が多く埋まっているは、タイの国境付近。

 

・ポル・ポト派、政府軍が敵陣の侵攻を防ぐため

・タイ軍がポル・ポト派の侵攻を防ぐため

 

上記の理由で、地雷が多く埋められたと言われています。

つまり、自国のカンボジア国民自らが

地雷を埋め、今もなお、地雷被害にあっているという

皮肉な現状があります。

 

また、地雷にはいくつか種類があるのですが、

そのうちの対人地雷は、

地雷を踏んでも、それで命を落とすことはなく、

あえて、手足を負傷させる程度の破壊力を

備えています。

 

これは、兵士が地雷を踏み、

亡くなってしまうと、

兵士の数は、マイナス1。

 

しかし、兵士が負傷し、

まだ命はある状態だと、

味方の兵士は救援活動をします。

負傷兵士1、救援兵士1~2と、

兵士の数は、マイナス3。

 

兵士の数をより少なくし、

さらに、精神的苦痛を被害者自身だけでなく、

まわりの兵士にも与えることによって

戦意を減退させる目的も、地雷にはあります。

 

地雷撤去活動

 

 

 

カンボジアに埋まっている地雷の数

 

地中に埋められた地雷は、

600万個

ある、と言われています。

 

地雷はとても安価につくれる平気で、

300円~500円程度で作れるそうです。

けれども、撤去するにはその100倍の費用が

かかるとも言われています。

 

 

 

地雷撤去活動の現状

今回、特別に同行させていただいた団体は

CSHDさま。

カンボジア人のアキ・ラーさんを中心に、

地雷撤去活動を続けていらっしゃいます。

 

 

 

地雷の撤去方法も、さまざまなスタイルがあるのですが、

今回は、人がひとつひとつ撤去していく撤去方法でした。

 

雑草が生い茂るため、

まずは、草を土の上から刈りとり、

その後、金属探知機を地中にかざします。

地雷撤去活動

 

 

金属探知機の反応があれば、

地中をナイフのようなもので探ります。

もちろん、金属探知機は、地雷以外の

金属片にも反応するので、

すべての金属片を取り除く必要があります。

 

地雷撤去活動

地雷が埋められていた場所は、

かつて戦闘があった場所。

銃撃戦が行われていれば、銃弾や

不発弾の破片、その他、金属片は

無数に存在しています。

 

これらすべての金属片を

ひとつずつ片付けていかなければなりません。

地雷撤去活動

 

 

途方も無い作業です。

 

 

これを毎日毎日、繰り返して行っている

隊員のみなさまは、本当にすごい……

絶対自分にはできないな、と感じました。

 

乾季の時期は、

40℃を超える暑さのなか

重い防護服を身にまといます。

 

そして、雨季の時期は、

雨が降ると道路が通れなくなってしまう

場所もあります。

撤去活動自体はもちろんですが、

ベースキャンプで生活することですら

大変な環境です。

 

 

 

地雷撤去の隊員さんは、

以下の様なスケジュールで活動しているそうです。

 

【 地雷撤去活動のスケジュール例 】

25日間・・・・地雷撤去活動

5日間・・・・・シェムリアップ市内で休息

 

そして、5日間の休息後は、

また、次の地雷撤去地へ移動される、とのこと。

電気も水道も、何もない、

まさに、ジャングルのような場所で

命をかけて働いていらっしゃいます。

 

こんな過酷なお仕事ですが、

女性の隊員の方もいらっしゃいました。

 

男性に負けず、黙々と撤去活動に

励む背中と、休憩中の笑顔が、とても印象的でした。

 

 

■ 地雷撤去活動の様子をもっと詳しく知りたい方へ

>> 志村晋平の地雷撤去活動密着取材インタビュー(youtube)

股間をサソリに刺されながらも(実話)、

志村晋平が、1周間、隊員のみなさまと

地雷撤去活動に同行させていただいた体験を語っています。

 

 

まだまだ、完全に地雷を撤去するには、

時間がかかりそうですが、

私たちができることで、

少しでも地雷撤去活動の応援ができたらいいな、

と、感じました。

 

 

このような貴重な機会をいただいた

kengoさん、sayakaさん、

アキ・ラーさん&CSHDのみなさま、

本当に、ありがとうございました。

 

※(Photo by shinpei shimura)

 

 

■ 夏休みはカンボジアで、人生観を変える1週間を!

>> 海外ボランティア|カンボジアKAERUスクール

 

カテゴリー: カンボジア生活 | コメントは受け付けていません。

【海外就職】あと、何年カンボジアにいるんですか?

空港にて

 

 

最近、いろいろとご質問いただくことも多いので、

これからしばらく、質問の答えをブログでも書いていこうと思います。

 

カンボジアには、あと、何年いるんですか?

日本に帰ってきたら、再就職はどうするんですか?

日本で結婚とかって……?

 

 

という質問は、

本当に、たくさんの方からいただきます。

 

実は、日本に限らず、海外で

働いている日本人の方からもいただくことがあるので、

日本・海外に限らず、20代の方の共通の悩みかもしれません。

 

 

ちょっと、長くなりそうですが、

順番に私の答えを書いていきたいと思います。

 

 

Q1: カンボジアには、あと、何年いるんですか?

 

A1: わかりませんm(_ _)m しばらくいます。

 

 

こんな回答で申し訳ないのですが、

具体的に、あと何年でこうして、こうして……と

計画があるわけではないので、

自分でも、何年カンボジアにいるのかはわかりません。

 

カンボジアにずっと住むかもしれないですし、

他の国に行くかもしれないし、日本に帰るかもしれない……。

現時点では、わからない、というのがホンネ。

 

でも、カンボジアという日本とは全てが違う環境で

暮らしてみて感じたことは、

何かひとつのことを

成し遂げるのには、時間がかかるということ。

 

文化も、環境も、考え方も違うなかで

何かことを成し遂げるので、

当然、10年ぐらい必要なのかもしれません。

 

それぐらい、海外で働くこと、海外で事業を行うことの

大変さを痛感しています。

 

だからこそ、あまり時間にとらわれることなく、

長期的視点で、働いていけたらと思っています。

 

 

 

 

Q2: 日本に帰ってきたら、再就職しますか?

 

A2: きっと、就職できないと思いますm(_ _)m涙

 

 

カンボジアでは、

本当に自由に働かせていただいています。

もちろん、その分、責任は自分に全てあるので、

楽しいばかりではありませんが、

私には合っていると感じています。

 

 

こんな自由な働き方を知ってしまったら、

日本で会社員は、絶対できない。

 

 

 

まだ、カンボジアに住んで2年ですが、

自分自身、性格も変わったと思うんです。

 

日本にいた頃は、いろんなことを考えて

自分の言いたいことが言えなかったり、

嫌なことがあっても、自分が我慢すればいい、

と思っていました。

 

けれども、今は……

 

言いたいことは言うし、

しかも、

言い方もキツくなった

 

という厄介な副産物までついてきました。

日本での仕事も増えてきたので、

「これはいけないな」と、

反省して気をつけているのですが、

なかなか治りません(汗)

 

 

英語もクメール語も、得意でなかったので、

やんわり伝えようとか、

遠まわしに気づいてもらえるように……

 

という、コミュニケーションは、

私の言語レベルでは

不可能。

 

簡潔明瞭に、ときにイラストやジェスチャーを

駆使しながらのコミュニケーションでは、

言いたいことを直球で言う、という癖が

身につきました。

 

 

カンボジア人も、日本人のような心配りはなく(笑)

感情むき出しで、私と接してくれたことも

影響しているかもしれません。

 

 

こんな感じで変わってしまった私を

日本企業で受け入れてくれるところがあるのか……

全く想像つきません(笑)

 

 

言いたいこと言って、

日々のトラブルに巻き込みながら、

いつも笑って泣いて、一緒なんとかしてくれる

ボスや仲間には頭があがりません。

 

 

このため、今、私が今の会社を辞めて、

日本で再就職する道は、全く想像ができないので、

絶対、無理だと思っています。笑

 

 

 

 

Q3: 日本で結婚とかって?

 

A3: 今のところ考えておりません。

 

 

この質問も多くの方にいただくのですが(笑)

結婚、こればっかりは、ひとりじゃできないことなので、

今は、自分ができる自分磨きの時間にあてようと

考えています。

 

30歳を過ぎて、いろんな視線を感じつつある

今日この頃ですが(笑)、

天の運に任せながら、

自分ができることを一生懸命やっていきたいと思います。

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

質問にまじめに応えたつもりが、

回答だけみると適当な感じに……汗。

 

カンボジアに来て2年。

2年前の私は、今の私を想像できなかったように、

これからも、自分の予想を超える

楽しい人生を生きていきたいと思います。

 

そのためには、

昨日よりも、今日。

今日よりも、明日。

 

と、少しずつでも、前に進んでいくことですね。

結局、自分が成長するしか、明るい未来は

やってこないな、と。

 

ふぅ。涙

今日も、一日がんばります。

 

 
■ 世界観 を広げる旅★ 夏休みは、カンボジアへ!

>> 海外ボランティア|カンボジアKAERUスクール

 

カテゴリー: カンボジア生活, 働き方, 恋愛・結婚 | コメントは受け付けていません。

海外ボランティア|カンボジアKAERUスクール動画公開

海外ボランティア|カンボジアKAERUスクールって、何?

KAERUスクール

 

 

この答えは、こちらの動画で!

>> 海外ボランティア|カンボジアKAERUスクール紹介動画

 

 

人生観が変わる1週間を!夏休みはカンボジアへ

>> 海外ボランティア|カンボジアKAERUスクール

 

カテゴリー: KAERUスクール, カンボジアの仕事, デザイン・映像・写真 | コメントは受け付けていません。

観光では見えない魅力?カンボジアに住んで、初めて知ったこと

 

 

観光で外国に行くことと、

外国で生活することは、

似ているようで、大きく異なります。

 

 

観光地には、観光客を迎えるために

整えられた環境があって、

それはそれで、楽しいのですが、

意外とキレイに整えられた環境は、

どこの国に行っても、あまり違いがわからないこともあります。

 

 

私は、海外に住んで、日本では絶対ありえない

ことと出会うと、ワクワクします(笑)

 

 

やっぱり、

日本人の私たちには、

 

理解不能で

奇想天外な

 

人や、出来事と出会うと、

 

「なんで??」と、不思議に思う反面、

つきつめて考えていくと、

その国の文化や、人々の価値観、

いろんな考え方に触れることができます。

 

 

私は、

自分の「あたりまえ」が壊される

瞬間が大好きです(笑)

 

 

時に、ハプニングに遭遇し、

「もう、嫌だ」

と、思うことも多いのですが(笑)、

 

 

世界には、いろんな考え方があり、

いろんな生き方がある、ということを

肌で、思いっきり感じています。

 

 

そんな、カンボジア生活を表す今週の一枚(笑)

カンボジア観光ポスター

今日も平和なカンボジアです(笑)

 

 

【 関連記事 】

第1作品目:ラピュタのモデル遺跡から

第3作品目:カンボジアの影のヒーロー

 

 

■ カンボジアの隠れた魅力を見つけるには

>> 海外ボランティア|カンボジアKAERUスクール

 

カテゴリー: カンボジアの仕事, カンボジア生活, デザイン・映像・写真, 隠れた魅力 | コメントは受け付けていません。