【カンボジア旅行のナニ】カンボジア トンレサップ湖とプノンクロム

今日は午後、NARYちゃんと、CHANKYちゃんと

トンレサップ湖とプノンクロムという山に行ってきました(´∀`)

(彼女たちと同じ大学のSONGくんも一緒!)

トンレサップ(Tonlé Sap)

カンボジアに位置する湖であり、東南アジア最大の湖。

一年のうちほとんどの期間、水深は1mに留まり、面積は2700平方kmしかない

(このためプノンペンとシェムリアップを結ぶ定期船が暗礁に嵌りかける場面がよくある)。

夏季のモンスーンの時期には湖から
プノンペン付近でメコン川に流れ込むトンレサップ川が逆流する。

そのため周囲の土地と森を水浸しにしながら
面積は1万6000平方kmまで拡大して深度も9mに達する。

世界最大の水上生活者がくらし、1ブロック1万人、100ブロック以上100万人が住む。

以上、Wikiより引用。

プノンクロム

プノンクロムは200mほどの山。

雨季に大量の降雨のあとは、山の麓まで水につかっていることがある。
まるで湖畔に浮かぶ神秘の小島。

山頂には、プノンクロム寺院がある。

その祠堂にはヒンズー教の三大神である
ヴィシュヌ神・シヴァ神・ブラフマー神が祀られ、
三神一体のヒンズー教の世界観を表している。

以上、「地球の歩き方・カンボジア」より。

今日はバイクで山頂まで行ったので、5分?10分くらい。笑

歩いたら20分くらいかかるそうです。

山頂には遺跡が。

ふむふむ、と眺めつつ、

足早に進む……

ウキャーァァーーーー!!!

スゴイ!

トンレサップ湖の水があふれていて、

水没している町。

ここに住む人たちは、水上生活をしているそうです。

天気が良いと、夕日が水面に反射して、

とってもキレイなんですが、

今日は雲が出ていてサンセットは見れず。

そして、お待ちかねのおやつ(´∀`)

NARYちゃんは、バナナの砂糖煮?を作ってきてくれました♪

そして、

「フォーク忘れた!!!!!」と、

木の枝を渡してくれました。笑

笑いながらも、普通に楊枝代わりにして、食べました。笑

美味(´∀`)

市場で買った果物を食べながら、

いろんな話をしました。

・日本のこと

・カンボジアのこと

・大学生活のこと

とかとか。

そして、彼らは目がいい(笑)

「あれ見て!」って、遠くに見えるものも

説明してくれるんですが、

私には点にしか見えない(笑)

あと、

カンボジアと日本の「カワイイ」の違いも

おもしろかった!

CHANKYちゃんは太りたくて仕方がないけど、

食べても食べても太らないそう。

日本では、みんな痩せたくて

お金払ってエステに行ったり、

みんながんばってるんだよーーーーって。

「かわいくありたい」と思う気持ちは同じでも、

「カワイイ」基準は、国によって、全然違う。

最後は、みんなで写真を撮ってもらいました♪

(左)NARYちゃん、(右)CHANKYちゃん

山を下りてから、トンレサップ湖付近を散策。

観光客向けのボートもあるそう。

ひとり10$。

町の市場も。

養鶏をやっているところがあった!

ついつい飼料のパッケージを確認してしまうのは

職業病だ(笑)ここはCP社製が多かった。

日も暮れてきたので、家路を急ぐ。

一緒にきてくれた SONGくんは、今日バイトだったのに、

わざわざ時間を遅らせて付き合ってくれました♪

どうも、ありがとう(´∀`)

**************

そして、帰路付近に在住のSocheatと合流。

カンボジア風、焼き肉!!!

Socheat は、すでにビールを飲んでいたらしく

へべれけでした(笑)

あーーーーとっても楽しかった(´∀`)

明日から、またがんばるぞーーーーー!!!

 

 

 

 
■ 海外ボランティア|カンボジアKAERUスクール

 

■ 日々のネタはFacebookでも継続発信中(フィード購読募集中)

  山田史織のFacebook

 

■ ハプニング速報はTwitterで(フォロー大歓迎)

  山田史織のTwitter

 
養豚ガールカンボジア起業日記 人気記事ランキング
 

無料メルマガ登録募集中|SMILEJP働き方通信

カテゴリー: カンボジア生活, 人間関係, 隠れた魅力   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>