やさぐれ正月2015|久しぶりの山田家

例年通り、正月前に風邪をひき、

2015年の幕開けは実家で過ごしました。

 

久しぶりに家族と一緒に過ごす正月は、

 

完全に

やさぐれ正月でした。

 

 

 海外にいても、日本にいても、

基本的に家でじっとしていることが嫌いな私なので、

山田家ではレアキャラ。

 

両親はそんなレアキャラの私に食べさせたいものや

話したいことがたくさんあるらしく

朝から絶えず、2人同時に話しかけてきました。笑

 

 

こうやって家族で過ごせる時間もそんなに長くはないし、

自由に自分のことばかりやっている私を

いつもいろいろと気にかけてくれるのは

本当にありがたい限りなのですが、

 

「もういいよーー」

「もう食べれませんーーーー」

 

を連呼した、お正月でした。

そして、「仕事もあるから」と、そそくさと実家をあとに。

 

 

せっかく、

両親が親切で声をかけてくれているのは

重々承知なんです。

 

でも、高校生の少年のような反抗期真っ盛りの

態度をとってしまいました。 (大人げない)

 

 

新年早々、家族の優しさが受け入れられず、

しょんぼりしながら、会社へ。

 

 

明治神宮

せっかくなので、会社近くの明治神宮で初詣。

とっても、混んでいました。

 

下の参拝堂まで1時間半待ちました。笑

 

 

明治神宮

 

家族連れの方や、カップルで来ている方、

外国人の方など、多くの方で賑わっている明治神宮。

私は、自己嫌悪に浸りながら、足取り重くひとり参拝(笑)

 

 

帰りには、一応おみくじもひいてみました。

明治神宮のおみくじは、「大吉」「中吉」などの

運を表すものではなく、今年一年のアドバイスが書かれています。

 

おみくじ

 

 

大御心

あさみどり澄み渡りたる大空の 広きおのが心ともがな

 

おみくじ

 

(意味)

あさみどり色に晴れて澄み渡った大空のように、

広い大きな心をお互いの心として、日々の生活に励みたいものです。

 

→ 私たちは心の持ち方によって、人生建設の成功、不成功が決まります。

狭い心では大事は成功しません。常に広々と澄み渡る大空のような大きな心で進みましょう。

 

 

 

おっしゃるとおり

でございます(T_T)

 

 

 

新年早々、自分の器の小ささにしょぼくれて

カンボジアに電話。

カンボジア組は、新年早々引越しだったため、

家の片付けと引越し準備に追われた1日だったとか。

 

 

そして、

家の片付けをしていたら、

なんだかとても悲しくなって、

キッチンで体育座りをして泣いた

とか。

※ 注 (30歳独身男子)

 

 

この話を聞いて爆笑してしまった私は、

やっぱり心がやさぐれているのか?と思いつつ、

いろんな人に負担をかけ過ぎだな、と反省。

 

2015年は、海よりも広い心で、毎日過ごしていきたいと思います。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします! 

 

 

■ 女性のお部屋探しは、女性専門不動産nicochaへ

>> 女性専門不動産nicocha

 

カテゴリー: 日本生活   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>