カンボジア的、お盆休みの過ごし方 part1

カンボジアでは、10月中旬までプチュンバンというお盆でした。

お正月が年に2回、お盆休みに、水祭り、国王誕生日……と、祝日ばかりのカンボジア。笑

クメール正月と、お盆休みは、特にカンボジア人にとって

大切なお休みのようで、家族が集まり、ゴハンを食べながら近況報告をし合うそうです。

 

私は、Dara家族と一緒に、

pannyちゃん(Daraの奥さん)の実家に里帰りしました。

*******************

今回は、私もクメール衣装をつくってもらって参加♪

これは伝統衣装で、結婚式とかのパーティーなど、なんでも着れるそうです。

ワット(お寺)で、お参りをして、日本のようにお布施もします。

お坊さんのお経を聞きながら、手を合わせて、頭を下げます。

日本とは異なるものの、さすが同じ仏教。ほぼ、同じでした。

 

ワットでは、たくさんの人が集まっていましたが、

外国人は私ひとり。笑

でも、クメールの服着てるし、顔もクメールっぽい?と

みんな不思議な顔をして私を見ていきました。笑

 

 

みんな、お坊さんや、尼さん?に、たくさんの方に

お金をあげながら、頭を下げていました。

(大変だなぁ……これは)

 

あと、お経を読んでもらう小屋の軒下には豚が数頭。

Daraに、「ここで、豚、飼ってるの?」って聞いたら、

「この豚は特別なの」って。

良く見てみると、足が3本だったり、5本だったり……。

豚も先天性奇形で生まれることがあるのですが、

カンボジアでは、淘汰はしない、とのこと。

逆に神聖な動物として、最期まで大切に育てられるそうです。

そして、命を全うすると、お寺で供養されます。

国が変わると「違い」のとらえ方がこんなに変わるのか……、とビックリ。

 

 

お寺で長ーーーーーーーーーーい(笑)お参りが終わると、

pannyちゃんの実家へ移動。

愛車カムリに10人が乗り込み(笑)、車内は子どもたちが大はしゃぎ!(笑)

今日も泥道にハマり、さらに子どもたちは楽しそう(笑)

 

そして、その後……

泥沼にハマり、動かなくなりました(笑)

なんとかみんなで車を押して、泥沼から押し出すことに成功。

が……

Pannyちゃん(Daraの奥さん)の服が泥だらけに……。

 

それを見て、

Dara大爆笑。→Pannyちゃんマジギレ。

 

「お前のせいでこんなになったんじゃーーーーーー」

(↑あくまで予想。)

と、怒っていた。

 

こういうケンカ、「あるある」、と微笑ましく思いました。(笑)

 

結局、車の移動は断念。

一度家に帰り、

気を取り直して、モトで再出発。

モト1台に5人乗り。(笑)

大人3人に子ども2人。一番後ろの私は

バイクの端っこにしがみつく。

 

でこぼこ道を振り落とされないように、

今回は一睡もしませんでした。笑

途中、何度か橋?を歩いて渡りながら

1時間ほどで到着。

 

高床式の伝統的なおうち。

すでに、他の親戚のみなさまの到着していて、

子どもたちは大はしゃぎ。

大人たちは近況報告をしながら、男性陣はビール。

女性陣はゴハンの準備。

 

家を出て町で働いている子たちは、

近所の親戚にあいさつ回りをする、ということで、

私もついていくことに♪

 

子どもたちは、

親戚の年長者の方々に挨拶をしながら、お金を渡します。

おじいちゃん・おばあちゃんは何やらお経?を唱えながら、

「身体に気を付けてがんばってね」(←想像) と、励ましながら、

お金を受け取っていました。

 

こんなやり取りを5分~10分ぐらいかけて、1軒1軒回ります。

10軒ぐらいまわったところで、「たくさん周るね?」と、声を掛けたら、

「まだまだだよ~~!!(´∀`)」って。

 

結局、村中のおうちを

まわりました(全部親戚?笑)

 

社会保障がないこの国では、

こうして若い人が年配の方々を支えて

みんなで生きているんだな、と実感。

昔の日本もきっとそうだったんだろうな……。

 

そして、彼らに渡すお給料は、こうやって家族や親戚、

いろんな人が生きるために使われているんだな、と思うと、

やっぱりお金を稼ぐ大切さを痛感しました。

 

おうちにもどってきた頃には、すっかり夕暮れ。

日も落ちて暗くなってきました。

「ごはんの前に、シャワー浴びてサッパリしな~~」と、pannyちゃん。

(パジャマまで用意してくれて@@@何て優しいんだ!ありがとう!涙)

シャワーと言っても、井戸の水を浴びるだけですが、

これもカンボジアに来て初体験。(笑)

意外と普通に(←すでに現地化?)浴びてみると、

下半身に激痛が!!!!!!!!!!!!!!!

 

( ̄□ ̄;)

( ̄□ ̄;)

( ̄□ ̄;)

 

ジンジン、痛すぎる~~~涙

 

虫?

それとも動物?(涙)

と、恐る恐る確認すると……

 

おしりの皮が

キレイにむけてました。

※(写真掲載は自粛します。笑)

 

モト1時間の荒旅に、お尻の皮がむけたようです。笑

バンソコウ貼るわけにもいかず、

耐えるしかないんですが、地味に痛かったです(笑)

 

 

 

 
■ 海外ボランティア|カンボジアKAERUスクール

 

■ 日々のネタはFacebookでも継続発信中(フィード購読募集中)

  山田史織のFacebook

 

■ ハプニング速報はTwitterで(フォロー大歓迎)

  山田史織のTwitter

 
養豚ガールカンボジア起業日記 人気記事ランキング
 

無料メルマガ登録募集中|SMILEJP働き方通信

カテゴリー: カンボジア生活   パーマリンク

カンボジア的、お盆休みの過ごし方 part1 への1件のコメント

  1. ピンバック: カンボジア的、お盆休みの過ごし方 part2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>